【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

 

警備員の仕事をやってみたい!駅の警備員の仕事をしたい!と思ったけれど、駅の警備員のバイトはどんなことをするのかわからないのでちょっと不安だな?という方のために、ここでは駅の警備員バイトの仕事の内容・探し方・体験談をまとめています。

 

駅で警備員のバイトを探している人にお得な求人情報をゲットできる最適なサイトも紹介!少しでも希望に合ったお仕事探しに役立ててください!

 

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

⇒今すぐ求人サイト比較をチェック!

 

 

駅の警備員のバイトを探す7つの方法徹底解説!!


新聞の折り込みチラシでさがす

大体毎週末に、新聞に求人のチラシが入ってくるのでじっくり見るのも一つですね。

 

メリット

  • 新しい情報が掲載されている。
  • 地元の情報が掲載されている。
  • 自宅で見つけられる。

デメリット

  • 新聞をとっていないと情報を得ることができない。
  • 駅の警備員バイトの求人が少ないときもある。

 


駅構内の至るところに、無料のアルバイト情報誌が置かれています。地域によっても違いますが無料なのでいろいろ調べられるのがいいですね。

 

メリット

  • 無料で情報を得ることができる。
  • スマホやパソコンがいらない。
  • ネットが使えなくても探すことができる。
  • 地域密着の求人情報が得られる。

デメリット

  • 駅の警備員バイト自体が少ない。
  • 駅の警備員バイトの求人がないこともある。

 

 

書店で売っている有料のアルバイト情報誌で求人情報を見つけるのも一つです。

 

メリット

  • パソコンやスマホがいらない。
  • ネットが使えなくても探すことができる。
  • 警備員会社が有料で掲載しているので採用にも積極的。

デメリット

  • 有料なのでお金がかかる。
  • 書店に行く必要がある。
  • 警備員の求人数が少ない。

 

 

一般の求人サイトを利用する方法もあります。一番一般的な方法です。

 

メリット

  • ネット検索なので楽
  • 求人情報量が豊富

デメリット

  • パソコンやスマホが必要
  • 求人内容があいまいな場合がある。
  • 求人情報が多すぎる。
  • 同じ求人を幾つかの求人サイトで掲載されている。

 

 

やっぱり、駅で働きたいなら希望の駅で聞くのが一番手っ取り早い?

 

メリット

  • 直接採用のチャンスがあるかも!?

デメリット

  • 求人があるかわからない。
  • 駅の電話はつながりにくい。
  • 採用担当がどこかわかりにくい。
  • 鉄道会社と警備会社と直接契約している場合がある。

 

 

近くに警備会社がある人は直接相談したり、運良く採用があったりするかもしれないです。

 

メリット

  • 直接採用のチャンスがあるかも。
  • 内容が詳しくわかる。

デメリット

  • 希望の求人があるとは限らない。
  • 時間の無駄に終わることもある。

 

 

警備員バイト専門求人サイトを利用する方法もあります。警備員バイトには色々な業種があります。警備員バイトに特化したサイトの場合、求人情報だけの掲載、明確な内容、必要な研修などの必要な情報がしっかり記載されていて、希望の内容で検索されやすいのが大きな魅力です。

 

メリット

  • 警備員の求人に限定した情報が得られる。
  • 求人内容が具体的でわかりやすい。
  • 業務内容の詳細で検索ができる。
  • ネット検索なので楽に見つけられる。

デメリット

  • 警備員バイトの専門の求人情報だけなので他のバイトも考えている人には向いていない。

 

以上、駅の警備員バイトを探す7つの方法のメリット・デメリットを紹介しました。

 

あなたの希望にかなう駅の警備員バイト情報を探すには、ネットの求人サイトを利用することが一番のおすすめです。仕事内容から面接や研修の受け方も詳しく書かれています。

 

ただ、求人サイトはいくつもあるので、どのサイトを利用したらいいのか正直迷ってしまいますよね。そこで管理人が、駅の警備員バイトを探すのに役立つ求人サイトを3つのポイントで比較してランキング形式で紹介しますので参考にしてください。

 

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

 

駅の警備員バイトを探すのに役立つ求人サイト比較ランキング

 

駅の警備員バイト探しに役だつ求人サイト比較ランキング

駅の警備員バイト探しに役立つ求人サイトを徹底比較してみたのでランキング形式でご紹介します。以下の3つのポイントを比較基準としてランキングしてみました。

 

警備員バイトの求人にどれだけ特化・精通しているか?
応募から採用までのサポート体制が充実しているか?
求人情報の内容がどれだけ詳しく明確に掲載されているか?

 

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

ケイサーチの特徴

警備員求人専用のサイトであることが何よりの強みです。全体の求人件数は他の求人総合サイトと比較すると約800件ほどと少ないですが、優良な警備会社のみを掲載しているので選びやすくなっています。警備員バイトに就くのに必要な法定研修などの専門的なことも詳しく書かれているので安心して選ぶことができます。また、警備業界に精通した専門のコンサルタントが無料で相談にのってくれるので職選び~面接~採用までしっかりサポートしてくれます。ほかに、非公開の求人情報も紹介してくれます。

価格 登録完全0円
評価 評価5
備考 警備員に特化・精通した求人サイトです。
ケイサーチの総評

ケイサーチは、今回の比較のポイントの①警備員バイトの求人にどれだけ特化・精通しているか?②応募から採用までのサポート体制が充実しているか?③求人情報の内容がどれだけ詳しく明確に掲載されているか?の3つとも満たしています。優良な警備会社しか掲載されていない点も1位に選ばせてもらった理由です。

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

タウンワークの特徴

全国のアルバイト・パート情報を網羅した日本最大級の求人サイトです。 関東、関西、東海のバイト情報や仕事・求人はリクルートが運営している【タウンワーク】なら求人情報が満載です。 ご希望のエリアや職種・給与などの条件から検索することができます。迷ってしまうほど情報量が多いです。履歴書の書き方から面接の受け方までのサポートも記載してあります。

価格 登録完全0円
評価 評価4
備考 警備員に特化・精通した求人サイトではない。
タウンワークの総評

タウンワークは、①警備員バイトの求人にどれだけ特化・精通しているか?②応募から採用までのサポート体制が充実しているか?③求人情報の内容がどれだけ詳しく明確に掲載されているか?の3つのうち②はまあまあですが警備員バイトを探すという点では、1位のケイサーチと比べるとちょっと物足りなさを感じます。ほかのバイトをさがす場合には情報量が多くいいと思います。

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

バイトルの特徴

バイトルは、日本最大級のアルバイト求人情報サイトです。集中してガッチリ稼げる短期アルバイトから、有名なあのお店のアルバイト、しっかり働くレギュラーワークまで、さまざまなアルバイト求人情報が常に最新の情報で記載されています。便利な検索機能の他に、仕事への応募状況や職場の様子を動画でみられる「動画サービス」が記載されているので働く環境を確認することができて自分の条件に合った職場を探しやすいです。

価格 登録完全0円
評価 評価4
備考 警備員に特化・精通した求人サイトではない
バイトルの総評

①警備員バイトの求人にどれだけ特化・精通しているか?②応募から採用までのサポート体制が充実しているか?③求人情報の内容がどれだけ詳しく明確に掲載されているか?の点で考えてみると、①以外は条件は満たされていると思います。情報量が多く、バイト先の雰囲気もわかりますが、警備員のバイトを見つけるという点で、情報量が多すぎるため検索して絞り込むまでじかんがかかるようです。

 

今回「ケイサーチ」を1位にした一番の理由は、「ケイサーチ」が警備員バイトに特化した専用の求人サイトであるということです。2位「タウンワーク」、3位「バイトル」は、なんといっても情報量の多さが最大級であることがメリットです。ただ、どちらも一般求人サイトです。

 

「ケイサーチ」は、求人数では、2位、3位のサイトと比べると少ないですが「ケイサーチ」は、優良な警備会社のみを厳選して掲載しているので警備員バイトの情報量は充実しています。求人数が多すぎて選べない人にとっては強みとなっています。

 

駅の警備員バイトを探すならケイサーチをすすめる3つの理由

 

ヘッダー画像

 

 

警備業界専用の求人サイトなので「警備求人」のみ掲載されている!!

 

繰り返しになりますが、「ケイサーチ」は、警備業界に特化・精通した求人サイトなので「警備員求人」しか載っていないです。つまり「警備のバイトをしたい!警備のお仕事をしたい!」という人のための求人サイトです。

 

毎日と言っていいほど工事現場での歩行者の誘導する人、駐車場での車両を誘導する人、ビルの入館チェックする人、大型施設の館内警備、夜間のビル見回りなどの警備員バイトをしている人を見かけると思います。

 

今回は「駅の警備員バイト」を探してみて今まで知らなかった職種がたくさんあるとわかりました。雪国の駅の雪下ろしをする人、駅で車いすの人をサポートしている人、視覚障害者の人の誘導、ホームドア取り付け工事見張りなど駅の警備員バイトには、たくさんのお仕事があるのをケイサーチで知りました。

 

警備員の仕事の件数は、他の総合求人サイトと比較すると少ないですが仕事内容から給与、条件、シフト、支度金、交通費など、警備のバイトをしたいと思ったときの疑問が解決するほど情報量が多いです。

 

検索機能が充実している

 

やはり、働くとき自分の希望の条件ができる限り満たされていることが大事です。でも、応募するときや面接で自分の要望ばかり言っているとなかなか採用にたどり着けなくなってしまいます。ケイサーチのサイトでは、年齢・性別・警備の仕事の経験の有無、働きたいシフト、給与面などたくさんの条件で事前に検索することができるので希望に近い仕事を見つけることができます。

 

コンサル

無料転職相談サポート

 

ケイサーチを一番におすすすめするポイントがこの「無料転職相談サービス」です。相談から質問、条件に合った求人の紹介と応募前から始業まで徹底サポートしてくれます。フリーダイヤルが用意されているので通話料も無料でマンツーマンでプロのコンサルタントがアドバイスをくれます。

 

こちらのコンサルタントは、厚生労働省(13-1-301308番)の警備業界に精通した人なのでわかりやすく疑問や不安を解決してくれます。

 

最後に、ケイサーチの無料相談サービスでいろいろ相談していると、非公開求人情報を紹介してもらえます。非公開って実はブラックなのでは?って思いますが、ケイサーチは優良企業のみを紹介しています。非公開求人は、応募が殺到する、同業他社に情報を知られたくない、という理由で掲載しない求人です。

 

以上、3つの理由から 駅の警備員バイトを探すならケイサーチをおすすめします。

 

コンサル

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

 

ケイサーチで実際に駅の警備員バイト探しをしてみた私の体験談

 

ケイサーチに登録してみた実体験レポート

 

警備員求人専門サイト ケイサーチを利用するなら無料の会員登録をすることをおすすめします。登録しなくてもサイトを利用することはできますが、会員登録すると自分に合った条件のお仕事を紹介してくれるし情報を得ることが出きます。

 

手順1 ケイサーチの公式サイトから無料会員登録ボタンをクリック

ケイサーチ登録手順2

 

手順2 「メールアドレスで登録」をクリック

ケイサーチ登録手順

 

手順3 会員登録に必要な個人情情報は「氏名、フリガナ、メールアドレス、パスワード」 だけです。

ケイサーチ登録手順3

 

手順4 登録すると登録したメールアドレスに確認メールが届くので承認用アドレスをクリックすると登録完了です。その後マイページができています。

ケイサーチ登録手順4

 

ケイサーチに無料登録すると得られるお得

 

  • 検索履歴から求人が紹介されます。
  • 企業からスカウトメールが届きます。(WEB履歴書の入力必須)
  • 検討リストで求人情報を保存できる。
  • 条件に合った求人が見つかります。
  • 会員登録するとマイページができて管理機能を利用できます。

 

ケイサーチの無料相談サービスについて

駅の警備員バイトをしようと思ったとき、年齢や仕事の内容が気になったので思い切って電話してみました。

 

ケイサーチ登録手順4

 

お電話ありがとうございます。ケイサーチでございます。


 

 

ちょっとバイトをしたいのですが、年齢が気になっているので。もうすぐ60歳になるのですがお仕事ありますか?


 

 

では、59歳ですか?


 

 

いえ、50代前半です。


 

 

大丈夫ですよ。できますよ~。今専門のカウンセラーにかわりますのでご相談ください。少しお待ちください。


 

 

お待たせしました。お電話変わりました。ケイサーチコンサルタントの〇〇です。
仕事はあります。住所から仕事のある駅を探しますが、ない場合は遠くになる場合があります。


 

 

そうなんですね。駅の仕事にはどんな仕事があるのですか?よく駅で立っている人がいますが・・・。


 

 

それは交通誘導ですね。ホームで列車を見張っているのは「鉄道警備」です。
交通誘導と鉄道警備は金額が500円から1000円はちがいますよ。


 

 

資格はいりますか?


 

 

いりませんよ。仕事をする前に4日間30時間の研修を受けることが必要です。警備会社によって日程が違います。まず、研修を受けてからお仕事になります。お仕事をするのに資格は必要ないですよ。

 

ケイサーチに詳細が出ているので気になるお仕事あったら相談してください。研修の日程など一緒に調べましょう。週末は返事が週明けになってからになりますのでご了承ください。

 

気になることや不安なことがあったら気軽にお電話ください。


 

大変感じがよく、丁寧に説明してくれました。名前も言わなくてもいいのでお気軽に相談するのもいいですね。

 

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

 

知ると役立つ駅の警備員バイトに関する豆知識

 

駅の警備員のバイトの業務内容を解説

 

駅構内での警備員のお仕事は「監視、巡回警備・施設警備・鉄道誘導警備」の3つに大きく分けられます。

 

監視、巡回警備

  • 駅の構内の案内 
  • 体調不良を訴えた人の介助 
  • トラブルの対応(基本鉄道警察が対応)
  • 駅ホームで駅員のサポート 
  • ラッシュ時の乗客の安全管理 
  • モニターでホームの監視 
  • 夜のターミナル駅の見回りなど

施設警備

  • 駅構内を見回ることで、駅を利用する人の安全を守ります。
  • 冬季期間中の除雪作業 
  • 構内の美化点検、簡単な清掃など

誘導警備

  • 駅構内や線路内の作業をするのに黄色い服を着た人が「列車見張り員」これは資格が必要です。
  • 車いすや目の不自由なかたの車両の乗降のサポート 
  • 遅延、運休などの場合の乗客の誘導、対応。
  • 車両事故の場合の乗客の誘導など

 

駅の警備員バイト体験談

 

実際に駅の警備員バイトをしている人やしたことのある人の実際の声を紹介しますね。

 

年齢

性別

職業

評価

25歳

男性

フリーター

☆

体験6

バイトしたいと思ったとき面接に行くお金もない状態。調べたら出張面接で対応してくれたのでほっとしました。ただ警備員のバイトをするのには必ず4日間30時間の法定研修を受けなければいけないと聞いて、え!?っと思いましたが給与が出ると聞いて安心しました。

 

研修中は給与・交通費も支給そして、なんとお弁当も出たのでお腹もお財布もあったかくなりました。最後まで研修をちゃんと受けるとかなりの金額になりその上、仕事が決まると入社祝い金(60,000円)+研修(雇用前研修:4日間:50,000円)=合計11万円までもらいました。

 

駅の警備員のバイトを探すときケイサーチのコンサルタントの人に電話で相談して給与もよくて週払いのところを見つけてもらいました。相談していなかったら迷ってまだバイトできていなかったかもしれないです。

 

年齢

性別

職業

評価

33歳

男性

警備員バイト

☆

体験2

警備員バイト歴もうすぐ8年になります。今までに工事現場の警備や交通誘導などをやりましたが、最近では夜勤で駅の構内の巡回警備をしています。これ、体力的には結構楽です。トラブルを防ぐことが仕事なので実際にトラブルになってしまったら警察に言えば大丈夫です。

 

寝込んでしまっている人に声をかけて起こすんですが、ほとんどの人が起きてくれるのですが、中には泥酔して数人で対応しないといけない時もあります。先日は仲間が酔っ払い同士のトラブルに巻き込まれ一発殴られてしまいました。まれなことですが運が悪いというか・・・。こんな時は鉄道警察へ連絡します。

 

夜勤は拘束時間が長いので敬遠されがちですが日中に比べ人が少なく控室で仮眠もとれて時給もしっかり出るので今気に入っています。しばらく駅の警備員バイトにはまりそうです。

 

年齢

性別

職業

評価

20歳

男性

大学生

体験6

体験6

自分が通学に利用する駅でバイトができたらいいなぁって思っていたら利用する駅で警備員バイトの求人が出ていたのをケイサーチの無料相談の時に紹介してもらったので超ラッキーでした。ラッシュの時だけのバイトなので通学の途中で効率よく稼ぐことができています。交通費も浮くし学生の間はずっとやっていたいです。

 

年齢

性別

職業

評価

55歳

女性

鉄道警備員

体験6

>

警備員ペア

初めての警備員のバイトで駅の警備員のバイトを選んだのは勤務地に迷わないということで選びました。それに着替える場所もお手洗いも休憩室もあるので安心です。困っている人や女性ならではの仕事もあるのでやりがいを感じています。ただ、一日立ちっぱなしでたくさんの人の中にいるので最初は結構疲れました。

 

だいぶ慣れてきたので少しづつ時間や日にちを増やそうと思っています。最初のうちはペアでするときもあるので安心です。これも初めての警備員のバイトということでケイサーチの無料相談でコンサルタントの人と相談しながら決めました。無理なく仕事ができるようにと選んでくれました。

 

駅の警備員バイト気になるQ&A

駅の警備員バイトに資格は必要ですか?

資格は必要ないですよ。ただ、鉄道警備で列車の見張り(黄色い制服)の仕事は、線路内に降りるため資格が必要です。その資格は警備会社ではなく駅でとる必要があります。
よく勘違いするのですが、資格は必要ないですが、警備員の仕事をする前には必ず30時間の研修は必要です。

 

大変だ!と思うかもしれませんが研修は給与が出る警備会社がほとんどですので警備員のバイトをしようと思ったら必ず受けましょう。

駅の警備員バイトは年齢や性別は関係ありますか?

特に関係ありません。車いすの方や体が不自由な方へのサポート、迷子など女性ならではの仕事もあります。また、女性トイレの巡回は女性にしかできない仕事です。一日たっていることが多いのでご自分の体力とご相談ください。

 

駅構内なので外での仕事よりは、天候、気温に左右されないと思うので、外でやる警備員の仕事よりは年齢も多少高くても大丈夫だと思います。ただ個人差はあるのでどんな仕事かしっかりと調べておくことは重要な点ですね。

法定研修について

法定研修は必ず受ける必要があります。4日間30時間でこの研修を受けないと警備員の仕事に就くことはできないです。各警備員会社で研修の日程が決まっていますが、忙しくてまとめていかれない人は、相談すると少しづつでも研修を受けさせてくれるのであきらめずに聞いてみるといいですね。

 

研修中は、給与・交通費が出て、場合によってはお弁当が出るところもあります。また、研修後、就職が決まるとお祝い金や支度金を出してくれる警備会社もあります。

シフトについて

短時間、短期からでもOKです。通学前の数時間、ラッシュ時だけでもOKというところもあります。反対にがっつり働きたい人や帰省中に単発で働きたい人もたくさんの情報量があるケイサーチでまずは相談するといいですね。

 

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!

【知らないと損!】駅の警備員バイトのお得情報徹底調査!